更年期症状のケアに子宮インナービューティーセラピーがオススメ♪

更年期女性の画像

更年期とは閉経を挟んだ前後約10年間の事です。日本人女性は平均50歳前後で閉経するため一般的に45〜55歳が更年期と言われる期間になります。

更年期の症状は個人差がありますが、だるさ、立ちくらみ、疲れやすい、耳鳴り、のぼせ、ほてり、手足のしびれ、多汗、関節の痛み、手足の冷え、体の痒み、腰痛、乾燥、肩こり、頭痛、尿トラブル、イライラ、不眠、不安感と様々。体と心に影響与えています。

女性ホルモンの1つエストロゲンの分泌量は30代半ばにピークを迎え、卵巣機能が低下するに従って徐々に減っていき、40代半ばからは急激に減少します。この急激な変化に体が追いついていけず起こるのが更年期障害と言われる上記のような症状です。また更年期の時期は子供の独立や親の介護職場での立場や人間関係など取り巻く環境の変化によるストレスが症状に影響しているとも考えられています。

エストロゲンは脳の視床下部にある下垂体と呼ばれる部分でコントロールされています。45歳を過ぎる頃から下垂体が分泌の指令を出しても、卵巣機能の衰えによってエストロゲンは出にくくなります。エストロゲンの分泌量が減ると下垂体はさらに「分泌」を指令しますが分泌されにくい・・・そうなると脳が混乱してしまいます。

視床下部は身体の様々な機能を調整をする自律神経をコントロールしているため、この混乱が自律神経に伝わりのぼせや冷えなど様々な不調が起きてしまうのです。

骨盤調節は自律神経を整える効果も期待できるので、骨盤の歪みと子宮を整え心もリラックスできる子宮インナービューティーセラピーは更年期の不快な症状のケアとしてもオススメです☆

セルフケアエクササイズも有酸素運動をしながらリラックスでき骨盤調整もできるのでぜひお試しいただければと思います♪